パソコン

サイトへの集客を上げるために重要なのはSEO対策に力を入れることで、その方法としてバックリンクを増やすことに注目されています。
しかし不自然なリンクをいくつも貼り付けることでサイトの信頼度が下がってしまっては台無しです。
SEO対策のためにバックリンクを購入するには費用がかかり、購入したリンクと判断された場合のリスクも高いといえるでしょう。
ではどのような方法がリスクも少なく自然にバックリンクを増やせるのでしょうか。
ここでは、自然にバックリンクを増やす方法についても詳しく説明します。

SEO対策をする上で大切なバックリンクとは?

サイトへの集客を増やすためには、検索エンジンで検索表示が上位になることが最も重要です。
世界で一番使われている検索エンジンはGoogleで、検索エンジン全体の90%のシェア率を誇るといわれています。
検索順位の仕組みとなるのは200以上のアルゴリズム要因によって決まります。
Googleの検索表示で上位になるためには、このアルゴリズム要因に合わせた対策をする必要があるのです。
そのなかでも特に重要なアルゴリズム要因を中心にSEO対策を行いましょう。
SEOに効果的なものとして内部対策とバックリンク対策が考えられます。

バックリンクとは、他のサイトや他のページからリンクを貼ってもらう作業です。
バックリンクにはさまざまな要因が含まれ、バックリンクの設定量やドメインの分散状況、バックリンク先のページランクや関連性、IPアドレスの分散状況、さらには設定するタイミングなどがあります。
検索エンジンにどの要素が評価されるのか、またその割合に対してもアルゴリズムの動向により変化します。
しかし外部からのリンクはサイトに対する支持票であると理解されるため、多くの支持票を集めているサイトはそれだけ重要なサイトであると判断されるのです。
そのため外部からのリンクを増やすことはSEO対策には非常に効果的であるといえます。
ただ、ここで気をつけなければいけないのはSEOの前提です。

SEOとは?

SEOとは「ユーザーにとって役立つ情報であるのか」、「検索エンジンにわかりやすく構成され記述されているのか」といった内的なことを重要視しています。
検索されたキーワードのコンテンツの内容のわかりやすさは理解できますが、コンテンツとしての良さや、ユーザーにとって価値があるかということまでは判断できないのです。
検索エンジンはロボットのため人間のような感情も知的要求も持ち合わせてはいません。
どのような情報があるのかという事実だけで判断しています。
そういう理由から外部リンクが検索エンジンにとってそのサイトの価値を判断する材料として使われているといえます。
ただ単純に外部リンクの多さで判断しているわけではなく、キーワードの多さや、ページ数、テキストの文字数も判断基準ではありません。
直接的なリンクの数よりも全体から見たリンクの密集度が非常に重要であり、そのリンクの集まり具合であるリンクポピュラリティを数字で表す概念がGoogleアルゴリズムで最も重要であると考えられているのです。