パソコン
  • ホーム
  • サテライトサイトによるバックリンク対策

サテライトサイトによるバックリンク対策

SEO対策には充実したコンテンツの内容が重要であるといわれています。
バックリンク対策もまだまだ効果的であるとされ、代表的なバックリンク対策としてサテライトを作成し、リンクを集める手法があります。
サテライトの価値とバックリンクの力は比例すると考えるのが良いでしょう。
幅広いターゲットを狙うためにはサテライトは非常に効果的です。

しかしサテライトの効果を上げるためにはメインサイトにリンクを貼るだけではいけません。
大量にサテライトサイトを作成し、リンクを集めるのであればさらなる有効的な活用方法を考える必要があるのです。
メインサイトではないからといって中途半端な作り方をせずに、本当に価値のあるサイトを目指してサイトを作りましょう。
サテライトを持つ意味には、バックリンク対策の他にも見込み客の獲得ということが考えられます。
しかしユーザーを誘導するためのページやコンテンツしか持っていないサテライトである場合には、役に立たないケースも多いのです。

価値のあるサテライトサイト作ろう

さらに質の悪いサテライトサイトには効果が期待できずマイナスに働くことも多いため、質の高いバックリンクを持つことが重要です。
悪いサテライトの特徴には質の悪いコンテンツしかなかったり、更新頻度が極端に少なかったりすることがあげられます。
これではSEO対策用であることが簡単に判断されてしまうでしょう。
そういったものをいくら作成しても価値がないといえます。
メインサイトでなくとも、役に立つ、ユーザーが訪れる価値のあるサイトである必要があります。
そのためにはオリジナルのコンテンツを作成し、サイトへのボリュームを出しましょう。

メインサイトにはない独自性も重要です。
さらにサイト自体に動きがあることが大切で、週に1回や月に1回でも何らかの更新をすることで生きたサイトであることを証明できます。
手が回らないという場合には空いている時間に予約投稿をしておいて、定期的な更新を作り出すことも必要でしょう。
さらにはユーザーを意識し、検索エンジンからの信頼を勝ち取ることが重要です。

また、自作自演リンクと判断されないようにIP分散を行い、IPアドレスが違うサイトからリンクを貼るのがおすすめです。
IP分散の重要性が下がってきたとはいえ、自作自演リンクはリスクが高いともいえるでしょう。
可能であるならばサイトごとにサーバーを変えるのをおすすめします。
サテライトサイトは本サイトへのアクセスを送るためや、リンクの価値を上げるために制作するのではありません。
本サイトだけでは不十分であったSEOキーワードを盛り込むことで検索による集客を補う目的で使用します。
ですから、集客力の高い外部のリンクは効果的であるといえます。

サテライトサイトを作成するときには、テーマ選びが重要であり、本サイトのテーマよりも絞り込んだものを選びましょう。
専門性が上がり、ユーザーの質が向上します。
本サイトへは一方通行のリンクでも相互リンクでも構いませんが、一方通行を選ぶ人が多いようです。
リンクの送り方にも注意し、本サイトとの関連性の高いコンテンツを用いてリンクを送ります。
それにより質のいいアクセスが得られ、本サイトの順位が上がるでしょう。
サテライトサイトによるバックリンク対策を行うときは、使用する目的をしっかりと考え、質のいいサイトを作成することでさらなる効果が期待できます。